組み立てハウスとは | 埼玉、川越、東京のプレハブ、ユニットハウス、ガレージ、組立ハウスなら島村ハウス工業株式会社

組み立てハウスとは

組み立てハウスとは

プレハブとは、プレハブリケーションの略で、あらかじめ工場生産された部材(床、壁、天井など)を現場に運んで組み立てる工法で、工業化住宅とも呼ばれます。
主要構造体の材質によって「木質系」「鉄骨系」「ユニット系」「コンクリート系」に分類されています。木質系と鉄骨系はさらに細分化する分類方法もあります。
それぞれ、各工法とも製造メーカーごとに躯体構造がことなり、設計上のルールもことなります。各社ごとに自社工場を持ち、鉄骨系は規定サイズに切断組み立て、溶接、塗装までを完了させます。コンクリート系は鉄筋を配してコンクリートを流して、規定のパネル化までをおこないます 。

プレハブ・組立ハウスの主な特長

部材生産が工場生産されるため品質管理がしやすい。 住宅品質にバラツキがおきにくい。公的機関が各工法について、構造安全性、耐火性、断熱性、耐久性などを総合的に審査して、合格すれば一定の品質性能を持つも のと認められている。各工法によって異なるが、設計上の制約は多い。

プレハブ・組立ハウスのメリット

  • ・ 在来工法と比べ工期を約1/3に短縮。
  • ・ 大量生産と現場施工の時間短縮により経済性アップ 。
  • ・ 部材の標準化により品質の安定に成功。

※費用と時間を大幅にカットでき、同じ建物をどこへ建てても安定 した品質を確保できます。

プレハブ・組立ハウスの用途

低コスト建築として長期使用
  • ・事業用の店舗・事務所・倉庫・住宅・作業場
  • ・従業員の休憩所・詰め所
  • ・住宅用の離れやセカンドハウス、子供部屋 など
期間限定や一時的利用
  • ・選挙事務所やフェスティバル・イベント事務所、作業員詰め所
  • ・仮設店舗、仮設住宅、臨時ハウス
  • ・一時的や将来取り壊す予定のある作業場や倉庫、事務所
お問い合わせ
ページの先頭へ